Micro finance support

メールや電子通信記録による多国籍間仕入支援/取引記録/与信管理/売掛保証ソリューションを提供します。

問い合わせは、前ページのFBサイトからお願いします

※2016/11/01 時点・・・日本国内に会社登記をしている会社限定となります

Service 1

1.商談した場合(SNS/chat/メール/tel)に、その取引内容を日本語で文章化(電話の場合は、録音)

2.裏側で当サービスが日本語へ変換/文字起こしをする

(あくまでも参考資料という位置になります)

3.取引内容確認書、契約書の参考先(内容確認書一覧等として)を送る。

※提携先弁護士から内容証明/契約書作成支援も

行うことも可能です(別途、要相談)。


Service 2

※バイヤー起点とする

1.提示された見積価格が適正価格か判定します。

2.交渉中に仕入取引先に保証をかけていることを知らせずに与信判定できます (並行して、提携先の売掛保証サービス(サービサー)を契約が必須になります)

3.その枠内での与信取引、もしくはTTによる担保を押さえる等、取引を行うか決定してください。 

 (仕入取引先と契約締結し、取引実施) 

4.万が一、売掛金が回収できない等発生した場合は、サービサーが貴社へ、直接契約に従い保証を受けることになります。 

 

 


Service 3

1.仕入支援

過去からの価格遷移/現状適正価格を

お知らせし、適切で安心安全な仕入支援をします。

(弊社が直接提供する事も可能です)

 

2.与信/売掛支援

※すべて弊社提携先企業へ委託します。

 

倒産した場合のみ支払いではなく、契約単位で回収できない場合、支払いを受けることが可能です。

 売掛保証サービスに弊社は介在しませんので直接保証金を受領できます。

 

【メリット】

特にアジア圏の多国籍間の取引において、文字記録をのこすことなく取引が実施されているする事が多々あり、実際の支払いの際にトラブルになる事が多いのですが、それを回避できます。

かつ、通信インフラ整備の遅れている/不安定さがあっても日本国内で、紙文書に残るので安心です。